いつも俺の針には、魚が交通事故の平幸です。

今日は、あまり知られていない釣り方を紹介いたしますね。

1.ターゲット魚種

2.仕掛け

3.釣り方

4.注意

5.エサ

6.ポイント


1.ターゲット魚種 

フィッシュイーター全種。(メバル、アラカブ、アジ、スズキ、ムツ、ヒラメ、マゴチ、

チヌ(クロダイ)その他)と魚種は、豊富です。


2.仕掛け

竿は、磯竿の0号から1号位で4.5mから5.3mがベストです。

リールは、2000番から3000番です。

リールの道糸(ここでは、リールに巻いてある糸)は、2号から3号の

ナイロン系のフロートライン(浮くライン)か

サスペンドタイプ(中層に浮くライン)があります。

フロートラインの長所は、ラインが浮いている為

どこにラインがいいっているかが分かる所。

サスペンドタイプ中層に浮く為 風が強い時でも

操作が楽。

次いでなんでフロロカーボンの長所と短所を。

フロロカーボンは、ナイロンラインと違い

強度が物凄く強いです。

ただ 道糸が重い為不向きです。

後 PEラインって言うのがありますが

このラインの長所は、細くて強いが最大の長所です。

短所は、瀬ずれに弱く浮くのでルアーフィッシングや船釣り向きのラインです。

ですのでこの釣りに向くラインは、フロートタイプかサスペンドタイプの

ナイロンラインがオススメです。

この道糸に0.8号から1.5号程の鉛(おもり)を通して

サルカン(道糸とハリスを連結する為の金具)に結びます。

そのサルカンの下にハリス(針に付けるライン)0.8から1.0号

程のラインを結びチヌ針の2号位を矢引(0.8から1M位)を結びつけます。

ハリスが細い理由は、メバルが目がいいので細くしています。

仕掛けは、こんな感じです。

3.釣り方ですが ある程度仕掛けを沈めて投げ込んでゆっくりと

ただ巻くだけの簡単な釣りです。

巻くスピード小魚がゆっくりと泳いでいる事をイメージして頂けると

イイと思います。

合わせのタイミングは、アタリがあっても止めないでただ巻き続けていると

魚が勝手に竿へ乗って(掛かって)きます。

4..注意ですが ハリスが細い為強くリールを巻くとハリスが切れますので

気を付けられてください。

後ラインが細いですので タモ(網))を必ずご用意ください。

5.エサ

青虫(朝鮮ゴカイ)を使用します。エサの付け方ですが 針のますぐな部分のままの状態を4CMほどたらす

やりかたになります。

間違えても曲線部分には、エサを刺さないようにお願いします。

ゆっくりと巻くと魚の尾っぽが動いているように見えたら大丈夫です。

6.街灯の明かりが水面に光るような所で 明るい所と薄暗い所の境目です。

以上です。

大漁をお祈りしていますね。


IMG_2308
IMG_2309